浦安市議会議員の岡本よしのりです。少しずつホームページをリニューアルしています。日々の行政活動や浦安の情報を皆様にいち早くお届けしようと考えています。
2006年 02月 22日 ( 1 )
一般質問の予備調査
本日(2月22日)は一般質問を行うための予備調査を行いました。
高洲小学校は先日報告したとおり、工事安全上の塀がはずされ、全景がわかるようになりました。
ここでちょっと気になりました。学校敷地内の受電設備が交差点角地に設置され、防護柵は設置しているものの外から丸見えです。

一般的にビルなどの受電設備は安全上と管理上の観点から目立たなく一般の人にはわからない所に設置するのが最近の傾向ですが逆行している工事と思います。

なぜ、高洲北小学校はあんなところに屋外型のキュービクルを設置したのでしょう?

近所の小学校について確認しました。
入船南小学校、日の出小学校、日の出南小学校、明海小学校、高洲小学校は受電設備が確認できませんでした。(目立たないように配慮してあるようです。)

冨岡小学校、見明川小学校は受電設備を確認しました。
(だいぶ前に建てられた小学校は外に直接設置する設計だったのかもしれません)

いったい浦安市の学校設計の基準はどのようになっているのでしょうか?
クラスタータイプや芝生化もいいのですが、
建築物の基盤設備として受電設備設置の考え方はより重要な問題だと思いますが・・・・・・・

今度の一般質問で確認してみます。

岡本よしのりホームページへ戻る


[PR]
by okamotoyo | 2006-02-22 23:08 | 議会